トップ > メリット・デメリット
メリット・デメリット

HOMEへ戻る

帰化とは

メリット・デメリット

帰化申請の流れ

必要書類

よくある質問Q&A

料金表

国籍法

当法人のご案内

お問い合わせ ナヤミヨヨイと解決フリーダイヤル0120783441 電話番号0334310303

受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)

所在地 郵便番号1050001 東京都港区虎ノ門5丁目1-5 虎ノ門45MTビル3階

アクセスMAP

司法書士法人H&Wトラスト(旧原内直哉司法書士事務所)HPはこちら

運営サイト一覧

債務整理ねっと

不動産登記ねっと

敷金ねっと

成年後見ねっと

法務部ねっと

メリット・デメリット

帰化申請のメリット

  • 参政権を取得出来ます。
  • 社会保障面で保護が手厚くなる。
  • 日本のパスポートが取得可能になり,ビザがなくても多くの国に旅行に行ける。
  • 住民票が取得可能になる。
  • 配偶者(夫または妻)が日本人の場合,同じ戸籍に入れる。
  • 再入国許可が不要となり,強制退去の対象からも外れます。
  • 出入国が自由になる。
  • 外国人登録証明書等を携帯する必要がなくなる。
  • 役所等での複雑な手続きから解放される。

帰化申請のデメリット

  • 母国の国籍を喪失する。
  • 帰化申請後,再度,元の国籍に戻すことは極めて困難である。

本人申請の場合,必要書類の収集や手続等の調査のため,大変な労力や時間がかかります。申請には,本国の戸籍や各種証明書が必要となります。取り寄せ方法は国によって異なりますが,領事館で申請する場合や,直接本国の役所に申請をしなくてはならない場合もございます。また,取り寄せた書類を日本語に翻訳する必要もあります。専門家(司法書士や行政書士)に依頼した場合,専門家が書類作成を行い,手続も円滑に行われるため,帰化申請の事だけに悩まされることなく,仕事やプライベートにも集中できることでしょう。

もちろん,その対価として,費用等をいただくことになりますので,本人申請の方が費用を抑えられるといった面もあり,どちらの場合にも,メリット・デメリットは存在します。どちらを選択するかは,本人の判断となります。ご依頼いただければ,帰化申請されるうえでの,多くの悩みや心配事について,どんな些細なことでも構いませんので,お気軽にご相談ください。私たちは,一意専心の思いを胸に,帰化に向けて,一緒に歩みを進めていきたいと思っています。

あなたの想いを聞かせて下さい司法書士法人H&Wトラスト
あきらめるのはまだ早い。電話1本で道が開けます。0120-783-441(なやみ よよいと解決)電話番号0334310303受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)秘密厳守 相談初回30分無料 日比谷線「神谷町駅」直結 虎ノ門45MTビル3階あなたの想いを現実のものにするお手伝いをしたい。
帰化に興味のある方は,ぜひ一度,ご相談ください。


ホームページ:http://www.hw-trust.com   帰化申請ねっと:http://www.kikashinsei-hw.net/

ページの先頭へ