トップ > 帰化申請の流れ
帰化申請の流れ

帰化申請の流れ

あくまで,一般的な予定となり,個々の事情によって変動がある場合がございます。

ご自身だけで行う場合

専門家に依頼


必要書類の作成及び収集

申請→受理(※法務局へ出向く必要あり

面接(※法務局担当官と

許可・不許可決定(※法務局へ出向く必要あり

官報に公示されます。

本人へ通知されます。

手続終了

ページの先頭へ

  1. 帰化申請する人の住所を管轄する法務局で申請を行います。
    法務局一覧はこちらからhttp://www.moj.go.jp/MINJI/minji10.html
  2. 帰化申請する本人が窓口申請を行う必要があります。専門家に依頼していた場合でも,申立人が法務局に行かなければなりません。
    ※申請する本人が15歳未満の場合は,法定代理人(親権者や後見人)が申請に行くことになります。
  3. 帰化申請する本人が,帰化許可申請書と一緒にその他必要書類も提出します。なお,帰化申請する本人が15歳未満で法定代理人(親権者や後見人)が申請に行く場合,法定代理人である旨を証する書面も提出する必要があります。
  4. 帰化申請から一定期間経過後に,法務局での面接が行われます。面接は,申請を行った法務局で平日に行われます。何らかの事情で,法務局が指定した日時にどうしても行けない場合は,担当官にその旨を伝え,別の日時に変更してもらえるよう話してみて下さい。

※法務局での面接は,以下の2点に注意しましょう。

 申請書の記載内容の確認

帰化申請する際に,提出した申請書の内容について,担当官から質問を受けることになります。日本に来た経緯や日本で結婚されている場合はその経緯など,一人一人それぞれ聞かれる内容も異なります。

日本語の理解度の確認

帰化後,日本人として生活していく上で,日本語の読み書きや日本語を話せることが不可欠になってきます。法務局での面接では,帰化申請される人の日本語力についてもチェックしています。

≪注意≫

なお,専門家に依頼をした場合でも,面接はご本人のみで受けていただかなくてはなりません。

法務局での面接が終わったあとは,法務省での審査が行われ,その結果が通知されることとなります。

不許可の場合

不許可処分が下された場合,法務大臣から不許可通知書が送られてきます。不許可通知書には不許可になった理由が書かれていますので,次回の申請に生かしていただければと考えます。

原則,法務局の担当官は不許可になった理由を本人に説明しないことになっているようですが,不許可になる場合は,税金をきちんと納めていなかったり,道路交通法に違反していることが不許可の理由であることが多いので,職員の方が申請すべきタイミングなどについて,アドバイスをもらえることもあるようです。

また,帰化の要件をすべて満たしていると考えられ,不許可処分にどうしても納得がいかない場合は,取消訴訟を提起するという方法もあります。

帰化を許可するか否かは法務大臣の裁量に委ねられているため,帰化に関する処分については不服申立てをすることができないと法律で定められていたため,従来は帰化に関する処分について,取消訴訟を提起することも認められないと解釈されていました。

しかし,法務大臣の帰化の不許可処分は,行政事件訴訟法で規定されている取消訴訟の対象の行政処分に該当するとして,帰化申請者が法務大臣の不許可処分の判断に対して,取消訴訟を提起することを最高裁は認めています。(平成3年7月18日判決)

帰化申請をして,不許可処分となってしまった場合でも,帰化申請は何度でも可能です。一度不許可になったとしても,諦めずに再度申請されることをオススメします。

あなたの想いを聞かせて下さい司法書士法人H&Wトラスト
あきらめるのはまだ早い。電話1本で道が開けます。0120-783-441(なやみ よよいと解決)電話番号0334310303受付時間 9時から20時(平日)10時から19時(土祝)秘密厳守 相談初回30分無料 日比谷線「神谷町駅」直結 虎ノ門45MTビル3階あなたの想いを現実のものにするお手伝いをしたい。
帰化に興味のある方は,ぜひ一度,ご相談ください。


ホームページ:http://www.hw-trust.com   帰化申請ねっと:http://www.kikashinsei-hw.net/

ページの先頭へ